堀歯科診療所|神奈川県茅ヶ崎市|インプラント・歯周病治療・審美歯科など

インプラント

インプラント

もし歯を失ってしまったら・・・

虫歯や歯周病、事故などによって大事な歯を失ってしまったら、それにかわる人口歯を入れなければなりません。
もし、日常生活に影響がないからといって抜けたまま放っている方がいればそれはあまり良い選択とは言えません。長い間放置しておくと顎の形が変わったり、健康な歯に負担がかかることで力のバランスを失い、健常な歯の寿命を短くしてしまいます。

インプラントは従来のブリッジや入れ歯に代わる「第2の永久歯」と言われています。機能性、審美性に優れ、注目されている最新の治療法です。

さまざまな治療方法

インプラント治療を行うには、患者様が治療に適しているかなど精密な検査が必要になります。 インプラント治療は手術が必要であり、埋め込んだフィクスチャーが骨にしっかりと固定されるのを待たなければならないため、治療期間も早くて二ヶ月から長いと一年近くかかる場合もあります。当院では、患者様とじっくり話し合い最も適した治療法をご提案いたします。

歯を1本失った場合

歯を1本失った場合、従来の治療法としてはブリッジが主流でした。しかし、ブリッジでは、両隣の歯が健康であっても削る必要があったため、症状の悪くない歯であっても削らなくてはいけないという欠点がありました。また、強い力に弱いため、咬み合わせの強い奥歯などには最適な方法ではありませんでした。

数本の歯を失った場合

数本のインプラントにより支えられるブリッジかクラウンにより、機能と顔立ちが回復します。また、入れ歯を固定するための金属のバネによる違和感はもちろんないため、見た目も機能も非常にすぐれています

全ての歯を失った場合

全ての歯を失った場合、従来の治療法としては総入れ歯が主流でした。しかし、総入れ歯では、がたつきがあると安心して食事が出来ないだけでなく、入れ歯がずれたり、食べ物が内側に入って歯茎が痛くなる不安があるという欠点がありました。
インプラントでは、歯根でしっかりと土台を作っていくため、自分の歯のようなしっかりした咬み心地で、安心して食事が出来ます。

インプラント症例

Q
インプラントは、何年程度もちますか?
 
一概に何年持つとは言えませんが、できるだけ長くインプラントをご利用いただけるよう、さまざまな配慮をしています。また、インプラントの寿命には、自分自身によるケアとメンテナンス(定期健診)が大きく影響します。
Q
インプラント手術は、痛くありませんか?
 
局所麻酔により、ほぼ無痛の状態で行うことが可能です。また手術中の感覚は、通常の歯科診療による感覚と変わりありません。術後、インプラント周囲が腫れたりすることがありますが、これは通常、数日で治まります。
Q
インプラント手術が行えない場合はあるのでしょうか?
 
重度の糖尿病の方、重度歯周病の方、歯ぎしりがひどい方、降圧剤を使用しても数値が安定しない高血圧症の方、心筋梗塞の既応のある方は、残念ながらインプラント手術には向きません。
診療科目
診察時間
診療案内